【2018年冬版】おすすめダウンジャケット・マウンテンジャケット 人気のアウターブランドを紹介

2018年冬〜2019年 おすすめのアウターブランド6選(ストリート・ハイエンド)

今年の寒い冬を乗り越える為に必要な人気アウター(ダウンジャケット・マウンテンジャケットなど)ブランドを紹介していきます。

2018年の冬はここ最近の年でも特に寒いとの噂なので、持っていない方は是非1着でも持っておくと便利だと思います。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

毎年この時期は大人気のTNFですが、今年は例年にも増して人気が高まっています。特にマウンテンジャケットやバルトロジャケット、ヌプシジャケットなどの人気モデルは品薄が続き手に入りにくい状態。

その高いファッション製と、抜群の保温性、撥水力などの機能面から、2018年冬〜2019年大本命のアウターブランドです。

◆THE NORTH FACEに関する記事はコチラ

Y-3(ワイスリー)

人気スポーツウェアブランドadidas(アディダス)と、日本を代表するデザイナー山本耀司とのコラボレーションブランドY-3(ワイスリー)。スポーツとモードが融合し洗練されたデザインは、特にオールブラックコーデにオススメ。

◆Y-3に関する記事はコチラ

CANADA GOOSE(カナダグース)

最早街ではお馴染みとなってきた見覚えのあるロゴ、いつもの普段着の上に羽織るだけでお洒落になれるのはカナダグースのダウンジャケット。流行に敏感な方は一度は触れたことがあるのではないだろうか。

ぱっと見でわかるリッチ感と高い機能性で今年もまだまだ人気のアウターブランドだ。メンズに限らずレディースも人気が高くオススメ。

度々比べられるモンクレールより価格が控えめな点も嬉しい。

PYRENEX(ピレネックス)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピレネックス アヌシージャケット PYRENEX Annecy Jacket 2color
価格:105840円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)

今年一気にその名前を聞く回数が増えたフランスのアウトドアウェアブランドPYRENEX(ピレネックス)。

寒冷なピレネー山脈の麓で育ったダックの羽毛は優れた保温性を有し、非常に高い保温性の高いダウン製品を作り出す。

その高いスペックに、どんなコーディネートにも合わせやすいシンプルなデザイン、今年一気に日本での知名度を上げているダウンジャケットブランドだ。

MONCLER(モンクレール)

最早説明不要のダウンジャケット界の王様モンクレール。リッチ感、保温性、価格、どれを取ってもハイスペック。

渋谷・原宿エリアはTNFやカナダグースを着用している若者が多いが、六本木のブルジョワ親父は大体コレを着ている。

最近では藤原ヒロシをはじめとした8人の人気デザイナーを迎えた新コラボプロジェクト“MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス)”で話題を集めている。

THE NORTH FACE × Supreme(ザ・ノース・フェイス × シュプリーム)

大人気ストリートブランドSupreme(シュプリーム)とTNFのコラボシリーズ。毎年発売と同時に即完売の超人気アイテムは定価の3倍以上の値が付くことは当たり前になるほど。2018年冬、今年最も人気の高いアウター類と言っても過言ではないだろう。

過去に発売されたアイテムの再販などもなく。入手難易度はピカイチだ。

◆Supremeに関する記事はコチラ

◆最新情報のお知らせはTwitterにてチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA