adidasが Kanye West / YeのYEEZYとの契約終了を正式発表

アディダスがカニエ・ウェスト(イェ)の手がけるイージーとのパートナーシップ終了を発表。

世界的スポーツブランド「adidas(アディダス)」が、ラッパーや音楽プロデューサー、ファッションデザイナーなど、マルチな才能を発揮する奇才 Kanye West(カニエ・ウェスト)こと Ye(イェ)と彼が手がける YEEZY(イージー)との契約終了を正式発表した。両者は2015年にパートナーシップを結び、これまで人気フットウェア YEEZY BOOSTシリーズ(詳細はこちら)を展開してきたが近年不仲が噂されており、昨今のカニエの反ユダヤ主義発言がトドメとなったようだ。

以下adidas公式からの引用文

アディダスは、反ユダヤ主義やその他のヘイトスピーチを容認しません。 Ye 氏の最近のコメントや行動は容認できず、憎悪に満ちた危険なものであり、多様性と包括性、相互尊重と公正という会社の価値観に違反しています。
徹底的な検討の後、Yeezy ブランドの製品の生産を終了し、Ye と彼の会社へのすべての支払いを停止する決定を下しました。 adidas は、Adidas Yeezy 事業を直ちに停止します。
これは、第 4 四半期の高い季節性を考慮すると、2022 年の会社の純利益に最大 2 億 5,000 万ユーロの短期的なマイナスの影響を与えると予想されます。
アディダスは、パートナーシップに基づく既存の製品および以前のカラーウェイと新しいカラーウェイのすべてのデザイン権の唯一の所有者です。詳細は、2022 年 11 月 9 日に予定されている同社の第 3 四半期の収益発表の一部として提供されます。

adidas公式サイト

 

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆YEEZYシリーズに関する他の情報はコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

Kanye WestがNike Air Yeezyの復刻について言及

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。