Apple 新型『iPhone 13シリーズ』の予約受付が9月17日より開始。発売は9月24日から

アップル 新型スマートフォン『アイフォーン13 シリーズ』が登場。ミニ、プロ、プロマックスを含めた4機種が発売へ。

Apple(アップル)が新型スマートフォン「iPhone 13シリーズ」を発表。日本国内のApple Store(Web)では、2021年9月17日(金)21時から予約販売を受け付け、9月24日(金)に発売する予定。

今回登場するのは iPhone 13 mini(ミニ)、iPhone 13、iPhone 13 Pro(プロ)、iPhone 13 Pro Max(プロマックス)の計4機種だ。

iPhone 13/13 mini

「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」は、それぞれ「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の後継モデル。ボディーの基本デザインは踏襲しつつ、カラーのバリエーションを一部変更。スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンクに(PRODUCT)REDを加えた5色展開となっており、容量は128GB、256GB、512GBを用意。プロセッサは新型の「A15 Bionic」を搭載し、従来モデルから最大で50%のパフォーマンス向上を図った。Apple Storeにおける税込み販売価格は、iPhone 13 miniが86,800〜12万2,800円(税込)、iPhone 13が98,800〜13万4,800円(税込)となる。アウトカメラは「広角」「超広角」のデュアル構成で変わりないが、新型センサーを搭載し、広角レンズにはセンサーシフト型の光学手ブレ補正機能を新たに備える。

iPhone 13 Pro/13 Pro Max

「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は、それぞれ「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の後継モデルで、ボディーの基本デザインは先代を踏襲。カラーラインアップは4色で変わりないが、「Pacific Blue(パシフィックブルー)」の代わりに新色として「Sierra Blue(シエラブルー)」が追加。その他含めグラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色展開となり、容量は128GB、256GB、512GB、1TBが用意。Apple Storeにおける税込み販売価格はiPhone 13 Proが12万2,800〜18万2,800円(税込)、Pro Maxが13万4,800〜19万4,800円(税込)となる。

ストレージ面では、ついに待望の1TB(約1000GB)を備えるモデルが登場。これにより、より多くのアプリやデータを保存できるようになる。

プロセッサはiPhone 13/13 miniと同じくA15 Bionicだが、GPUコアが1基増えて6コア構成。ディスプレイは最大120Hz駆動に対応し、よりスムーズな画面表示を実現している。カメラの構成はiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxで共通となっており、センサー類を刷新している。

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

Apple Storeオンライン 9/17 21:00〜先行予約

各キャリアの販売店

via. Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA