映画『凶気の桜』 × WACKO MARIA コラボコレクションが国内1月2日/1月3日に発売

ワコマリアから、窪塚洋介主演映画『凶気の桜』をフィーチャーしたコラボアイテムが登場。

2002年に公開された窪塚洋介主演の日本映画『凶気の桜』と、元サッカー選手の経歴を持つデザイナー森敦彦が手がけるファッションブランド「WACKO MARIA(ワコマリア)」によるコラボレーションコレクションが、国内2022年1月2日(日)/1月3日(月)に発売予定。

「2001年邦画No.1」との呼び声も高かった映画「GO」の撮影中に出会ったヒキタクニオ原作「凶気の桜」に共感した窪塚洋介が、自ら東映に持ち込み、初めて企画段階から映画製作に参加し、2002年時代の“今の日本”を映し出した、思いっきりヤバイ映画でありながらエンターテインメントな問題作『狂気の桜』。東京・渋谷のストリートに生まれた若きナショナリストの結社“ネオ・トージョー”。3人の若者(窪塚洋介・RIKIYA・須藤元気)は白い戦闘服を身にまとい、街から汚いゴミを掃除すべく、半端な不良どもを狩っていく。暴力や右翼など、アウトローな環境下に影響された3人はいつしかそれぞれに変わっていき、生きる場所を奪い合う生存競争に飲み込まれてゆく。

今回のコレクションでは、『凶気の桜』を象徴する“真っ白な怒り”ポスターのコーチジャケット&Tシャツ、ハワイアンシャツ、スウェット、映画のワンシーンをコラージュした総柄ハワイアンシャツ、和太鼓のシーンをプリントしたTシャツ、クルーネックスウェットなといったアイテムがそれぞれブラック、ホワイトの2色で展開。凶気の桜ファンには懐かしくも垂涎なプロダクトがラインナップする。

本コラボコレクションは、2022年の初売りよりWACKO MARIA ONLINE STORE、WACKO MARIA直営店舗にてリリース予定。店舗によって発売日が異なる為、詳細は下記をチェックしよう。新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

WACKO MARIA 正規取扱店

WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO 1/2(日) 10:00 OPEN

WACKO MARIA ISETAN SHINJYUKU 1/2(日) 10:00 OPEN

AT WORK PLUS ONLINE 1/3 12:00〜

WACKO MARIA ONLINE STORE 1/3 12:00〜

Punanny Online Store 1/3 12:00〜

Hemstitch Online 1/3 12:00〜

CIENT ONLINE 1/3 12:00〜

PARADISE TOKYO 1/3(月) 12:00 OPEN

アイテムラインナップ・販売価格

コーチジャケット 18,700円(税込)

ハワイアンシャツ 38,500円(税込)

ハワイアンシャツ 38,500円(税込)

 

クルーネックスウェット 16,500円(税込)

クルーネックスウェット 16,500円(税込)

Tシャツ 9,900円(税込)

© 2002「凶気の桜」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA