約190万通りの組み合わせが可能なカスタマイズサービス『MY G-SHOCK』が10月20日よりスタート

スクエアモデル『DWE-5610』ベースに、パーツカラーをカスタム可能なオンラインカスタマイズサービス『マイGショック』が登場。自分だけの腕時計を作り出そう。

誕生以来タフネスを追求し進化を続けるCasio(カシオ)のウォッチブランド「G-SHOCK(Gショック)」は、カスタマイズサービス『MY G-SHOCK(マイGショック)』を国内2021年10月20日(水)より開始する。

G-SHOCKは1983年に初号機「DW-5000C」を発売して以降、 多くのファンに支えられ世界累計出荷個数1億3,000万個という記録を達成。 常に新たな挑戦を続けるG-SHOCKは製品の進化に加え、 ユーザー参加型のイベント“SHOCK THE WORLD”を開催するなど、 ファンとのコミュニケーションにおいても注力してきた。 そして今回、一人一人にあわせたユーザー体験を提供するとともに、 お客様と新しい“G-SHOCK”を共創できないかという思いから、 G-SHOCK史上初となるカスタマイズサービスを展開する。

販売定価: 15,400円~(税込)

MY G-SHOCK』は、 初号機を引き継ぐスクエアデザインにカーボンコアガード構造を採用したモデル『DWE-5610』をベースに、 ベゼル・バンド・フェイス・遊環などのパーツの色を選び自分好みのモデルが作れる新たなサービス。ベゼル・バンド・遊環は、 それぞれサービス開始時の限定カラーを含め19種類以上のバリエーションを取り揃え、 約190万通りの組み合わせから選ぶことが可能となっている。

さらに、 3つのループで構成されるトリプル遊環を選択すれば、約6億5,800万通りの組み合わせが可能。 季節やファッション、 着用シーンに合わせた自分好みの“G-SHOCK”が作れるだけでなく、 一人一人のスタイルに合わせたプレゼントとしても最適です。 また、 新たなユーザーとのコミュニケーションの試みとして、 G-SHOCKのデザイナーがおすすめするカラーのカスタムデザインも用意(ページ下部に掲載)。 今後は、 定番でのパーツのバリエーションに加えて、 限定でのカラー展開など、シーズンごとのスペシャルテーマやタイアップ先とコラボしたカスタマイズなども展開していくという。

カスタマイズサービス『MY G-SHOCK』は、国内10月20日(水)14:00より以下特設ページおよびスマートフォンアプリ「CASIO WATCHES」にてスタートする。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

MY G-SHOCK 10/20 14:00〜

✳︎スマートフォンアプリ「CASIO WATCHES」からもアクセス可能

MY G-SHOCK

生産個数 : 当初月産1,000本 (定番のパーツでのカスタマイズモデル生産数)

価格 : 15,400円~(税込)✳︎送料込み。 スケルトンのベゼルやバンド、 IP処理を施した美錠等を選択した場合、 追加料金あり
配送期間 : 注文から3~5週間程度で発送
配送対象国 : 日本国内のみ

 

G-SHOCKデザイナーのおすすめデザイン

via. G-SHOCK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA