【New Balance】35周年記念日本製モデル〈M1300JPJ〉が国内7月17日に発売予定

ニューバランスから、メイド・イン・ジャパンのフルヌバック・フルハンドメイドで仕上げた至高の一足〈M1300JPJ〉“スティールブルー”が登場。

アメリカ発の人気シューズブランド「New Balance(ニューバランス)」から、〈1300〉の35周年を祝し、初となるMade in JAPANモデル〈M1300JPJ〉が、国内2020年7月17日(金)に発売予定。

販売定価: 74,800円(税込)

1985年、ランニングシューズのフラッグシップモデルである1000番台の初代モデルとして誕生した「M1300」。5年に1回のペースで復刻リリースされている〈1300JP〉シリーズに続き、今夏、超限定の一足が登場する。

ニューバランスとグローバルパートナーシップ契約を締結している工房「ミムラボ(M.Lab)」で普段はアスリート向けにランニングシューズを製造している職人が、フルハンドメイドでシューズを縫製。アメリカ製モデルは機械で吊り込みを行うが、今回登場する〈M1300JPJ〉は1足ずつ手作業で吊り込み1300 の35周年を祝し、Made in JAPAN の M1300、オリジナルの1300モデルの靴型「SL-2ラスト」により近く、足にフィットする形状に仕上げた。

 アッパーには、日本を代表するタンナーの「山陽」が厳選したステアハイドを使用。また、これまでM1300ではオリジナルから復刻モデルまですべてアッパー素材にヌバックレザーとメッシュを使用していたが、今回初めて国産のフルヌバック素材を採用。シューズにはレッドシダー製のシューツリーと限定シューズボックスが付属する。

1985年の発売当時、ランニングシューズとしては破格の値段である130ドル(当時の日本価格で3万9000円)で発売され、その抜群の履き心地を絶賛した「POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフ ローレン)」の創設者ラルフ・ローレン氏が、「まるで雲の上を歩いているかのようだ」と語ったことでも有名な伝説的一足。また、今作ではフルヌバックやフルハンドメイドの性質上、販売定価は74,800円(税込)となる。

通常のグレーとは異なる青みがかったスティールブルーカラーのアッパーはアスファルトの上で最も映えることを想定しアメリカ東海岸のテイストをイメージ。35年経った今でも受け継がれ続けるニューバランスのスペシャルモデルでしか味わえない特別カラーだ。

現在ニューバランス特設サイトで抽選受付が実施中。販売店舗の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク・予約ページ・抽選ページ(随時更新)

T-HOUSE New Balance

ニューバランス公式オンライン WEB抽選 2020年6月29日(月)10:00
〜 2020年7月8日(水)12:00

New Balance M1300JPJ

カラー: スティールブルー(STEEL BLUE)

サイズ展開: 24.0〜29.0,30.0cm

販売価格: 68,000円+tax

発売予定日: 2020年7月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA