Nike 駅伝シーズンに向けた“EKIDEN PACK 2021-2022”が国内12月1日より発売予定

ナイキ 駅伝シーズンを盛り上げるランニングシューズ&アパレル “エキデンパック 2021-2022” コレクションが登場。 [D02407-728]

Nike(ナイキ)」は2021-2022年の駅伝シーズンに向け、新作シューズとアパレルから構成された最新の「EKIDEN PACK」コレクションを国内2021年12月1日(水)より日本先行で順次発売する。

毎年駅伝シーズンに合わせ登場し、全てのランナーからインスピレーションを受けたデザインが特徴的な「EKIDEN PACK」コレクション。新年に多くのランナーが駆け抜ける日本の山岳風景などからインスパイアされたグラフィックが施されており、日本の駅伝シーズンをさらに盛り上げてくれるコレクションだ。

今回のコレクションでは、駅伝レースが始まる早朝に朝日が昇る様子と、レースのエネルギーをイエロー/オレンジ/レッドのグラデーションカラーで表現し、東京のスクランブル交差点などの街並みに着想したダズルカモ柄が施されている。また、東京、神奈川、静岡の名所をモチーフに日本独自のグラフィックがデザインされており、ダズルカモ柄と名所をモチーフにデザインされたこのグラフィックは、ナイキがサポートする男子大学チームの選手がレース本番で着用するシングレット(未発売)にも施されている。

シューズのラインナップは、これまでのランニングの常識を大きく変えてきた最速モデル「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」をはじめ、「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」、トレーニング用に適した「ナイキ ズームフライ 4」、「ナイキ エア ズーム ペガサス 38」、「ナイキ エア ズーム ライバル フライ 3」など、幅広いランナーのニーズに寄り添ったモデルがラインナップ。また、シューズ以外にジャケット、Tシャツ、パンツ、ショートパンツなどのアパレルアイテムも登場。シューズ同様のモチーフとカラーリングでデザインされている。

本コレクションのクリエイティブには駒澤大学陸上競技部の、青柿響選手、赤星雄斗選手、田澤廉選手、安原太陽選手、山野力選手と、名城大学女子駅伝部の小林成美選手、高松智美ムセンビ選手、谷本七星選手、増渕祐香選手、山本有真選手、和田有菜選手らが参加している。Nike “EKIDEN PACK 2021” Collectionは国内12月1日(水)より日本先行で順次リリース予定。国内販売店舗の追加など新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

Nike.com 12/1 9:00〜

Nike Air ZoomX Alphafly NEXT% “Ekiden Pack”

カラー: Amarillo/Magma Orange-

Healing Orange-Black

スタイルコード: D02407-728

販売価格: $275 / 34,100円(税込)

発売予定日: 2021年12月1日

Nike ZoomX Vaporfly NEXT% 2 “Ekiden Pack”

カラー:

スタイルコード:

販売価格:

発売予定日: 2021年12月

Nike Zoomfly 4 “Ekiden Pack”

カラー:

スタイルコード:

販売価格:

発売予定日: 2021年12月

Nike Air Zoom Pegasus 38 “Ekiden Pack”

カラー:

スタイルコード:

販売価格:

発売予定日: 2021年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA