【Nike】幻の一足「ムーンシューズ」がスニーカー史上最高額の4,700万円で落札される

ナイキ 月の靴こと「Moon Shoe(ムーンシューズ)」がオークション スニーカー史上最高額で落札

1972年オレゴン州ユージーンのヘイワードフィールドで開催されたオリンピックの陸上予選の期間中に「Nike(ナイキ)」から発表され、五輪選考会に出場するランナー向けに限定で12足ほど作られた幻のシューズ「ムーンシューズ(月の靴)」が、ニューヨークで競売商サザビーズのオークションに掛けられ、スニーカー史上最高額の43万7500ドル(約4700万円)で落札された。

落札者はカナダの実業家マイルズ・ナダル氏。「これまで作られたスニーカーの中で絶品の一つだ。スポーツ史と大衆文化に刻まれたまさに歴史的工芸品だ」と喜びを語っているとのこと。

靴底の形が月に残された宇宙飛行士の足跡に似ていることから名付けられたこの一足、画像を見る限り既にボロボロだが、現存する中では最も良い状態だという。

ナダル氏はその他にも全100足のうち99足を85万ドル(約9,200万円)ですでに競り落としており、彼の私設博物館に展示予定だという。

下記は新品状態の「Moon Shoe(ムーンシューズ)」。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA