【nonnative × ASICS】Gel-Yeti Tokyo Hi G-TX “Clay”が国内12月19日に発売予定

アシックススポーツスタイル × ノンネイティブ 防水の実用性と都会的なデザインを融合した新作コラボ ゲルイエティ トウキョウ ゴアテックス “クレイ”が登場。

アシックスブランドのスポーツテクノロジーをライフスタイルへと提案する「ASICS SportsStyle(アシックス スポーツスタイル)」と、デザイナー藤井隆行が手掛ける「nonnative(ノンネイティブ)」による最新エクスクルーシブモデル GEL-YETI TOKYO HI G-TX “CLAY” 全2色が、国内2020年12月19日(土)に発売予定。

販売定価: 22,000円+tax

2018年のコラボレーションから進化を遂げた今作では、山道を長時間駆け抜けるトレイルランニングの競技後に履くシューズとして2000年に開発され、後にその機能性と独特なデザイン性からストリートファッションアイテムとして注目されタウンユースとしてアップデートされた「GEL-YETI(ゲル イエティ)」シリーズをベースモデルに採用。粘土を意味する“CLAY”(クレイ)の名を冠し、赤土のようなベージュ、黒土のようなブラックカラーリングで仕上げ、グリップ性・防水透湿性の機能をも表現している。

アッパー素材には〈GORE-TEX®(ゴアテックス)〉の基準をパスした最高級のスウェードレザーを採用し、インナーに防水透湿性に優れた〈GORE-TEX®〉ファブリクスを搭載。本モデルで最も特徴的なデザインであるシューレース部は、アイレット(紐金具)を増やし、ヒール部分のドローコードの代わりにループを作ることで、コンバットブーツのように履き口でシューレースを巻く仕様に再構築。これにより履き口の広さの調節が可能になり、パンツをインするなど、コーディネートやシーンに合わせた多様な着用が可能となっている。

シュータンには〈ASICS〉と〈nonnative〉両ブランドのロゴを型押しし、ライニングには〈GORE-TEX®〉のネームを取り付けるなど、随所にアップデートを施している。〈nonnative〉とのコラボレーションだからこそ実現できるオリジナリティ溢れる都会的なデザインに、防水性・透湿性に優れた〈GORE-TEX®〉を採用した機能性を融合させることによって、シーンを選ばない究極の一足が誕生した。

本作は下記掲載店舗にて12月19日(土)より展開予定。新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

ベンダー中目黒、名古屋

ルーツトゥブランチズ(レディースサイズのみ)

アシックス オンラインストア

カバーコードオンライン AM11:00〜

ASICS SportStyle
GEL-YETI TOKYO HI G-TX “CLAY” for nonnative®
カラー: BEIGE/BEIGE、BLACK/BLACK
販売価格: 22,000 yen +tax

発売予定日: 2020年12月19日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA