PJ Tuckerの所有するダイヤモンド入りAir Jordan 1。お値段なんと約2,750万円

PJ・タッカーが 2,020個のホワイトダイヤモンドをセットしたクレイジーすぎるエアジョーダン1(AJ1)を公開。

NBAファイナル2021の死闘を制し、1971年以来50年ぶり、球団史上2度目の優勝を成し遂げた『ミルウォーキー・バックス(Milwaukee Bucks)』。バックスに所属する NBAのスニーカーキングこと PJ Tucker(PJ・タッカー)が最終戦の入場時に着用した衝撃的一足の詳細が公開された。

本作は「Nike(ナイキ)」から1985年に初めて発売され、昨年生誕35周年を迎えた今もなおカルト的人気を誇るスニーカー「Air Jordan 1(エアジョーダン1)」をベースに、アメリカ ロサンゼルスを拠点に活躍し、卓越したシューズカスタムで確固たる人気を誇るカスタムアーティストDominic Chambrone(ドミニク・シャブロン)が率いるスニーカーカスタムショップTHE SHOE SURGEON(ザ・シュー・サージョン)が製作を手がけた。

$250,000 USD(日本円で約2,750万円)という衝撃的お値段のスニーカーには、2,020個のホワイトダイヤモンドが150グラムのスウッシュ型K14ホワイトゴールドにセット。この作業には約100時間を要し、両方のペアのダイヤカラット重量は合計32.74カラットになるとのこと。アッパーはブラックのクロコダイルレザーでまとめられたクレイジーすぎるこの一足については、チームの勝利記者会見でMVPのヤニス・アデトクンポがやや興奮気味に説明している。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA