【Ronnie Fieg × Clarks】〈8th St〉Sandford & Lockhillが国内4月16日より発売予定

ロニー・ファイグ × クラークスオリジナル 新フットウェア・カテゴリー「8th St」をローンチ。初カプセルとして、サンドフォード&ロックヒルが登場。

ファッションブランド兼セレクトショップ「KITH(キス)」を手がけるRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)と、イギリス発のフットウェアブランド「Clarks Originals(クラークスオリジナルス)」による〈8th St by Ronnie Fieg for Clarks Originals〉が、国内2021年4月16日(土)に発売予定。

Ronnie FiegとClarks Originalsは、Clarks Originalsの新たなフットウェア・カテゴリー「8th St」の創設を発表。Fiegはこのカテゴリーのクリエイティブ・ディレクターを務め、Clarks Originalsのその類い稀なるクラフトマンシップと商品クオリティで、Fiegがデザインしたオリジナルシルエットを展開していく。

〈8th St〉は、2021年4月からスタート。今後も継続的なリリースされるカテゴリーとなり、新たなシルエットとカラーウェイがシーズンごとに導入されていく。初回のカプセルでは、2つのオリジナルシルエット「Sandford(サンドフォード)」と「Lockhill(ロックヒル)」がそれぞれ2色ずつ、計4モデルでリリースされる。

Lockhillは、ラグジュアリーなモデルにアスレチックなアプローチを施した一足。アッパーにはプレミアムスエードを採用し、マッドガード、ヒール、アッパーのオーバーレイにソリッドパネルを使用している。これらのパネルには、パンチングスエードのアンダーレイと、足首にはマイクロパンチングされたパーフォレーションが施されており、足にぴったりとフィットする快適な履き心地を実現。ソールにはClark社の定評ある純正クレープを使用した。Lockhillは、ソリッドなAntlerとブロックされたMaple/Scarab/Redの2つのカラーウェイが用意。マッドガードの前面には、Clarksのワードマークがデボス加工されており、サドル部分にはレトロなClarksの紋章がデボス加工されている。

Sandfordは、ライフスタイルに合わせたラグジュアリーなアプローチが特徴。アッパーには高級感のあるマイクロパーフォレーション・スエードを使用し、トゥラップ、アイステイ、アンクルにソリッドパネルを使用した。ソールにはClarks純正クレープを使用し、レザーウェルトが施され、ヒールタブとパネルの横側にはブランドロゴがデボス加工されている。Sandfordは、MapleとScarabの2種類のソリッドカラーで展開する。

それぞれの2つのシューズには、3種類のシューレースオプションと、ブランドロゴ入りのスエード製ハングタグが付いたカスタムパッケージが付属。ボックスには、2つのシルエットの名前の由来となった町のオリジナルイラストが描かれている。

〈8th St by Ronnie Fieg for Clarks Originals〉は、国内2021年4月16日(土)よりKith Tokyoでリリースされる。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク

KITH TOKYO 4/16

KITHオンラインストア

オンライン発売時間:日本時間2021年4月17日AM0:00〜

KITHオンラインでの買い方・購入方法は【誰でも簡単】KITH公式オンラインショップから商品を購入する方法をチェックしよう。

via. kith tokyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA