海外有名スニーカーショップ「SNS」ことSneakersnstuffが12月14日に東京代官山店をオープン

「SNS」ことスニーカーズエンスタッフが日本 東京 ログロード代官山に新店舗「SNS TOKYO」をオープン。

ストックホルム発のスニーカーストア『Sneakersnstuff (スニーカーズエンスタッフ)』(略してSNS)がアジア初の店舗を2019年12月14日(土)にログロード代官山にオープン予定。3棟で展開するSNS TOKYOにはSNSカフェも併設される。

「Sneakersnstuff (スニーカーズエンスタッフ 略SNS)」は、Erik Fagerlind (エリック ファーガリンド)と Peter Jansson ( ピーター ヨンソン) によって1999年に設立された世界規模のリテーラーブランドです。1999年3月26日に初の店舗をストックホルムにオープンしたのち2000年5月にはウェブサイwww.sneakersnstuff.comをオープンした。

現在スニーカーズエンスタッフはストックホルムの他、ロンドン、ベルリン、パリ、ニューヨークそしてロサンゼルスと6カ国に店舗を持ち、日本国内には初上陸となる。ネット上では現在日本国内でトップのシェア率を誇るスニーカーショップatmos(アトモス)やABC-MARTなどへの対抗馬として期待の声が高まっている。

幅広い在庫の多さで人気のスニーカーショップ「SNS」。海外発送のWEBストアからスニーカーを購入した経験のある方も少なくないだろう。オープニングを記念して、Sneakersnstuffのキーとなるブランドはもちろんのこと、ここでしか買えないレアな商品や、SNS TOKYO 限定の商品などが数多くラインアップする予定。

SNSは各店舗のデザインにその土地の風土や文化とスウェーデンやスカンジナビアのヘリテージと背景を融合することを特徴としており、SNS TOKYOのインテリアには日本の伝統的な部分とモダンな要素を両方取り入れています。店舗デザインは、これまで全てのSNS店舗のデザインを手掛けてきたSNSとストックホルムを拠点とするデザインスタジオ Bofink Design Studio のリードデザイナーJenny Askenfors が共同で設計。

店内には、スウェーデンとヨーロッパの家具デザイナーがハンドメイドで作成した家具が置かれ、美しくユニークな配色や、伝統的な日本の素材を使ったもの、3D プリンターで作られた作品などこの店舗のために作られた様々な家具が見所となっている。

※住所が判明。12月上旬に日本語版のサイトもローンチする予定。

新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

店舗住所

SNEAKERSNSTUFF TOKYO (SNS TOKYO)

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13−1
ログロード代官山 2号棟、3号棟、4号棟

TEL:03-6868-8801

営業時間:11:00-20:00(無休)

スタッフ募集中

東京店オープンに伴い、店長、アクティベーションマネージャー、販売スタッフ、コンテンツクリエーターなどの従業員の募集がスタート。我こそはという方は是非募集要項を確認の上、SNSから応募してみよう。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA