【Supreme】新型コロナウイルスの影響を懸念して海外店舗が一時閉店へ

シュプリームがコロナウイルスの影響で一部店舗をクローズに。新作アイテムは公式オンラインにて展開予定

世界中で蔓延する新型コロナウイルス(COVID-19)への対応に各企業が追われる中、人気ストリートブランド「Supreme(シュプリーム)」も遂に拡大防止策として、日本を除く全海外店舗を一時的にクローズすることを発表した。

現在ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ロンドン、パリに構える6店舗を一時的に休業することを発表。再オープン日は未だ明かされていない。なお現地で毎週発売される2020SSコレクションに関しては海外公式オンラインストアにて販売されるとのことだ。

日本国内の店舗は通常営業中

また、日本時間2020年3月16日(月)現在では、日本国内の東京(渋谷・原宿・代官山)、大阪、名古屋、福岡のそれぞれの旗艦店は通常通り営業を続けている。新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA