Supreme大阪店で窃盗事件が発生。犯人は逮捕され、「バーの開店資金が欲しかった」

シュプリーム大阪店にて盗難事件が発生

大阪・南堀江に店を構える人気ストリートブランド「Supreme(シュプリーム)」の国内実店舗 Supreme Osakaにて、2019年12月16日(月)未明に窃盗事件が発生したと複数メディアが報じた。

報道によると16日午前5時頃、警備会社から「店の防犯センサーが作動した」との110番が入り、大阪府警西署員が駆け付けると店舗1階のガラスが割られ、店内が荒らされていたという。

店内に陳列された商品十数点が窃盗被害にあっており、被害総額は時価300万円ほどになるという。現時点では犯人は捕まっておらず、近隣の目撃証言によると大きな音がして外を見ると、店の前に車と怪しい男がいたという。

※2020/9/3 UPDATE「Supreme(シュプリーム)」の大阪店舗で商品75点(計約190万円相当)を盗んだとして、大阪府警は2020年9月3日、奈良県平群町、アルバイトの男(42)(窃盗罪などで公判中)を窃盗容疑などで追送検した。 犯人は「バーの開店資金が欲しかった」と容疑を認めているとのこと。大阪府警は今年2月、シュプリームの店舗からの逃走時に使ったとみられる盗難車を保管していたとして男を逮捕。他の窃盗96件(総額4,700万円相当)にも関与しているという。via. 読売新聞

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA