【レビュー記事】UNION LA x NIKE AIR JORDAN 1 【店舗購入の流れ・2色の比較など】

UNION LA x NIKE AIR JORDAN 1 Retro High OG NRG

発売前から大きな話題を呼んでいたLAの伝説的セレクトショップUNION(ユニオン)NIKE(ナイキ)JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)によるコラボスニーカーモデルAIR JORDAN 1 Retro High OG NRG(エア ジョーダン 1)を運良く2色とも手に入れることが出来たのでレビュー記事にしていきます。これからどちらのカラーを買おうか迷っている人などのお役に立てれば幸いです。

まずはじめに

今回のコラボ“AJ1”はユニオンのオーナーChris Gibbs(クリス・ギブス)が、フリーマーケットで見つけた“AJ1”人気モデルの“ブラックトー(通称つま黒)”“ホワイト×グレー”を組み合わせたブラックカラーモデル(上記画像左)、“ブレッド”と”ストームブルー(通称ケンタッキー)”を組み合わせたブルーカラーモデル(上記画像右)計2型が発売した。

2018年10月にはアメリカローズボウルで開催されていたフリーマーケットで、個人の所有物と装って80ドル(約9120円)でサプライズ販売。スニーカーコレクターのショーン・ウェザースプーン(Sean Wotherspoon)らが誰も本物だと信じなかったという動画を公開し話題を集めていた。

ちなみにブルーカラーは国内ではUNION TOKYOのみでエクスクルーシブリリース(限定販売)された限定モデルとなっている。

ブラックカラーは11月24日(土)にDSMG、UNITED ARROWS&SONS、ビームス原宿で数量限定で発売予定、詳しくはコチラのページをチェックしておこう。

店舗購入の流れ

当サイトでも紹介していたUNION TOKYOの事前メール抽選にて、運良く当選メールが届き番号を確認してみるとまさかの良番だったので、期待に胸を膨らませながら発売日である11月17日(土)に原宿にあるUNION TOKYOの店舗に向かいました。

余談ですが抽選に当たった際毎度店舗に向かう道でお腹を壊すのですが、今回も例の如くお腹を壊しました(汗)

店舗前に着くと、コラボAJ1とアパレルを身に纏ったUNION TOKYOのスタッフが整理券番号順に当選者を並べていました。

整理番号はアルファベットA〜H(多分)に分けられておりA-01番から4~5人ずつ入店できる仕組み。

AグループはA-01〜A-40までだったのでHグループまでだと40×8=320人が整理番号持ちということになりますね(多分)。

後半のグループは2日目の入店となるようです。最後までスニーカーの在庫があるかどうかはわかりませんが、UNION限定カラーであるブルーは多くとも320足ほどしか国内販売がないということでしょうか(多分)。

ちなみに自分のグループを勘違いして来てしまった人が5人ほどいてスタッフに弾かれていました(南無)。

15分ほど待つと入店が開始。店内に入るとスタッフからスニーカーは各色1足ずつ、アパレルは各アイテム1点ずつ購入OKとの説明を受けました(歓喜)。

店内はブラックに塗装され、スクリーンにはクリス=オーナーの妻、Beth Gibbs(ベス・ギブス)がスタイリングしたビジュアルが流れる。Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)がNBAのダンクコンテストの際にゴールドのネックレスチェーンをしていたスタイルからインスピレーションを得ているらしいです。

店内の雰囲気も楽しみつつ無事マイサイズをGETし帰路につきました。

いざ開封(画像は全て筆者がスマホにて撮影。無断転載は禁止)

スニ箱はこんな感じです。ジョーダンの実際の写真からジャンプマンロゴに繋がったりスペシャルな仕様となっています。

スニ箱を眺めているだけで楽しめますね。ちなみに2足とも箱のデザインは一緒でした。

包装紙にも当モデルのデザイン画らしきラフな絵が。開け方は引き出しタイプではなくてパカパカタイプでした。

2足とも出して並べてみるとこんな感じ。筆者の普段の趣味的には画像左のブラックカラーが好みなのですが、限定という言葉に弱いミーハーな私は右のUNION限定カラーがお気に入りです。

2足ともジャンプマンロゴにUNIONのロゴが入ったストラップが付属していました。

2足とも付属しているシューレースのカラーは一緒でした。ブラック×肌色のシューレースは丁度ハイカットになる部分から色が変わる仕様のようです。

ブラックカラーはアッパーのハイカットになる部分から上が“ホワイト×グレー”、下が“ブラックトー(通称つま黒)”になっておりその境目がブルーのステッチで縫合されています。同部分にUN/LAのタグがありユニオンコラボである特別感を醸し出しています。

ユニオン限定のブルーカラーはアッパー上部が“ブレッド”、下部が“ストームブルー(通称ケンタッキー)”になっており境目はジグザグに合わさったイエローのステッチにより縫合されています。

この部分がメチャクチャかっこいい。

シュータンの上部はOFF-WHITE(オフホワイト)コラボのAJ1のような感じで切りっぱなし仕様となっています。(履き口は普通)

アッパーのレザー部分の縁がイエローに塗られ細部までのこだわりが感じられます。ですが近くでみると少々塗り方が雑に感じました(筆者は生粋のO型なのでさほど気にならない)。

バックからはこんな感じ。かわいいお尻です。後ろまでしっかりステッチされています。

(左足のインソール)

(右足のインソール)

インソールにも包装紙と同じプリントが施されています。カラーによる違いはありませんでした。

アウトソールもアッパーに同じくそれぞれバーシティレッドとストームブルーです。ミッドソールは真っ白ではなくシューレースと同じ少々黄ばんだような肌色でヴィンテージ感を醸し出しています。

贅沢すぎるバカ履きはこんな感じ。(しない)

まとめ

読者の皆様はどちらのカラーがタイプの女性でしょうか?良かったらコメントして行ってください。

長くなりましたがこんなところでUNION LA × NIKE AJ1のレビューを終えたいと思います。

いつもならタグなどは速攻取り払ってポイするのですが、今回は少々恐れ多く躊躇しています。

が、履かねば意味がないので長持ちするよう大事にケアしながら履きたいと思います。

少しでもこれから購入を考えている方の参考になれば幸いです。

何か質問があればコメントかTwitterのDMにて受け付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です