2018年現在、世界で最も知名度の高いブランドロゴランキング1位が【Supreme】に決定

世界一知名度の高いブランドロゴランキングが決定!

イギリスの大手ファッションマーケットプレイス(インターネット上の取引市場)である【Lyst(リスト)】が発表した“The Year in Fashion 2018”において、Supreme(シュプリーム)世界一知名度のあるブランドロゴの称号を手に入れた。

今やファッションにあまり興味のない方ですらこのロゴを見たことがないという人は中々いないほどの人気。逆にいつまで1位をキープできるかどうかも見ものである。

2位以下のランキングは下記を参照。

  1. Supreme(シュプリーム)
  2. Champion(チャンピオン)
  3. FILA(フィラ)
  4. Prada(プラダ)
  5. Fendi(フェンディ)
  6. Gucci(グッチ)
  7. Kappa(カッパ)
  8. Versace(ヴェルサーチ)
  9. Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)
  10. CELINE(セリーヌ)

Lystは2018年上半期ブランドランキングなど興味深いランキングを頻繁に発表しているのでチェックしておこう。

◆最新情報はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する最新記事・リーク情報はコチラ

Supremeとは

1994年にJames Jebbia(ジェームス・ジェビア)がスタートさせたストリートブランド、Supreme(シュプリーム)

世界中で熱狂的なファンが増え続け、スケーターからアーティスト、コレクターまでが新作のリリースへ熱い視線を送る。Barbara Kruger(バーバラ・クルーガー)のプロパガンダアートにインスパイアされたブランディングは、Kanye West(カニエ・ウェスト)、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、Chris Brown(クリス・ブラウン)をはじめとした超有名アーティスト、セレブも好んでアイテムを着用するなど、ストリートカルチャーにおいて今、最も人気の高いブランドと言える。

また、Supremeはコラボレーションでも広く知られ、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)、COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)、Nike(ナイキ)、The North Face(ザ・ノース・フェイス)、Vans(ヴァンズ)、UNDERCOVER(アンダーカバー)など多岐にわたり、新しいコラボレーションの噂が後を絶たない。現在日本では、渋谷、原宿、代官山、名古屋、大阪、福岡の六店舗を展開中。

日本国内では毎週土曜日に新作アイテムの発売がおこなわれ、店舗では長蛇の並び列、オンラインストアは即完売し、オークションサイトなどでは定価の数倍の価格で取引がおこなわれるほど。

当サイトでも毎週の発売情報や新作アイテムのリーク情報を随時更新しているので是非チェックしていただきたい。

◆最新情報はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する最新記事・リーク情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。