Drakeが故Virgil Ablohのタトゥーを刻みトリビュートを捧げる。

ドレイクが自身の体のタトゥーコレクションに、長年の友人であったヴァージル・アブローを刻む。

カナダ出身の人気ラッパー「Drake(ドレイク)」が、現地時間2021年11月28日に心臓血管肉腫で死亡した Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)のタトゥーを彫り、ヴァージルへのトリビュートを捧げた。

ラグジュアリーブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のメンズ・アーティスティック・デザイナーを務め、ファッションブランド「OFF-WHITE C/O VIRGIL ABLOH™(オフホワイト c/o ヴァージルアブロー)」の創業者である Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が死去してから数週間後、長年の友人であるドレイクがヴァージルのTattooを体に彫った。彫られた凧を飛ばすヴァージルの姿は、2018年に催されたヴァージルによるルイ・ヴィトンのデビューショーで、凧を滑走路に投げ込んだ写真に基づいている。

Drakeはヴァージルの死後、自身のInstagramで “My plan is to touch the sky 1000 more times for you…love you eternally brother thank you for everything.”といった追悼とこれまでの感謝のメッセージをポスト。また、ドレイクの身体には他にも、Aaliyah(アリーヤ)、Sade(シャーデー)、Beatles(ビートルズ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)といった有名アーティストへの賛辞、ドレイクの父親であるDennis Graham(デニス・グラハム)、愛用の香水 Drakkar Noir(ドラッカーノワール)など、自身にとって大切な人物や物のタトゥーが刻まれている。

Pic. campagnepagi , GANGA

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

Off-Whiteのデザイナー Virgil Ablohが死去

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA