元NBA選手のコービー・ブライアントがヘリコプター事故で死亡

レジェンドバスケットボールプレーヤーKobe Bryantがヘリコプター事故で事故死

NBAで活躍したレジェンドバスケットボールプレーヤー『コービー・ブライアント(Kobe Bryant)』が現地時間2020年1月26日朝、ヘリコプター事故で死亡したと米メディアが報じた。報道によると、ヘリに同乗していた5人が死亡したという。コービーは享年41歳だった。

米ロサンゼルスタイムズなどによると、ヘリは26日朝、カリフォルニア州ロサンゼルス北西部のカラバサスで墜落し、ブライアントさんが同乗していたという。事故当時、現場は霧が出ており。ロサンゼルスの警察当局は、同地区でヘリが墜落し、コービーの娘を含む5人全員が死亡したという。

世界最強の毒を持つ毒蛇「ブラックマンバ(Black Mamba)」の愛称で知られるコービー・ブライアントは、NBAのロサンゼルス・レイカーズで主力選手として長くプレーし、チームをNBAチャンピオンに5度も導くなどNBA史上4位の通算3万3千得点以上を記録。Nike(ナイキ)からはシグネチャーモデル「KOBE」シリーズが発売されるなど、NBA史上、マイケル・ジョーダンや現役のレブロン・ジェームズらと並んで、最も有名なNBA選手の1人だ。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA