【Nike】Air Jordan 1 Low SE “Nothing But Net”が2020年6月に発売予定

ナイキから1992年バルセロナ夏季オリンピックでマイケル・ジョーダンが着用したセットアップにインスパイアされた新作スニーカー AJ1(エアジョーダン1) ロー “ナッシング バット ネット”が登場 [CZ8659-100]

Nike(ナイキ)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉から新作スニーカー Air Jordan 1 Low SE “Nothing But Net”(エアジョーダン1 ロー “ナッシング バット ネット”)が海外2020年6月に発売予定。

※海外一部店舗で発売開始

シュータンのジャンプマンロゴとヒールのウイングロゴが象徴的なナイキの人気スニーカーモデル「AJ1(エアジョーダン1)」のローカットをベースに、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)のストーリーを掘り下げた新作モデルがスタンバイ。

元ネタとしては1992年バルセロナ夏季オリンピックで金メダルを獲得したバスケットボール男子アメリカ合衆国代表チーム 通称“ドリームチーム”との一員として降り立ったマイケルジョーダンが着用していたエアジョーダンシャツとショーツのセットアップの柄にインスパイアされた一足。また1993年にLarry Bird(ラリー・バード)と出演したマクドナルドのスーパーボウルコマーシャルでもMJはこのセットアップを着用している。

同コンセプトで2015年に登場したAir Jordan 7 Retro “Nothing But Net” 通称“Sweater”[304775-142]と同様に、このエアジョーダン1 ローは、スウッシュロゴと足首のパイピングにブラックレザーを使用したホワイトレザーベースでアッパーを構築。アクセントとして1992年にMJが着用した象徴的なセーターグラフィックプリントがオーバーレイに落とし込まれている。

Air Jordan 7 Retro “Nothing But Net”

「ESPN」と「Netflix(ネットフリックス)」にて公開されている人気ドキュメンタリー『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』の影響もあり、今後もファン垂涎の当時物にインスパイアされたアイテムに期待したい。

国内販売情報など新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

HIBBET

Nike.com

Air Jordan 1 Low “Sweater”

カラー: White/Dark Obsidian/Team Red

スタイルコード: CZ8659-100

販売価格: $110

発売予定日: 2020年6月

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA