【ニュース】NikeがVanessa Bryantとパートナーシップを再締結。コービーシリーズが復活へ

ナイキがヴァネッサ・ブライアントと再契約したことを発表。シグネチャーシューズであるKobeシリーズが再び発売へ。

Nike(ナイキ)」が、元NBAレジェンドバスケットボールプレーヤー『Kobe Bryant(コービー・ブライアント)』の妻 Vanessa Bryant(ヴァネッサ・ブライアント)とパートナーシップを再び締結したことを現地時間2022年3月24日に発表した。

2020年1月26日(現地時間)、コービー・ブライアントとGigi(ジジ)の愛称で親しまれていた次女のジアナは、ロサンゼルス郊外で起きたヘリコプターの墜落事故により命を落とした。その後両者による今後の契約について様々な憶測が飛び交う中、ブライアントがナイキと再契約しないことを決定する前にデザインされたという一足のサンプルが出回り、ヴァネッサは販売・製造の許可をしていないのにも関わらず既に所持している人たちがいることやリリース予定とされていることに対して怒りを露わにし、ナイキと財団「The Mamba & Mambacita Sports Foundation(マンバ&マンバチタ・スポーツファンデーション)」は2021年4月13日をもって契約を終了していた。

そして今回、ファン待望となる両者が再びパートナーシップを結んだ。ナイキとブライアントファミリーによる関係は、新世代のファンをサポートし、若者のスポーツへの参加を促進することにフォーカス。新たなパートナーシップからの最初の新作シューズ『Kobe 6 Protro “Mambacita Sweet 16”(コービー6 プロトロ “マンバチタ スウィート16”)』はジジブライアントを称える。このシューズの売り上げによるすべての収益は、マンバとマンバチタスポーツ財団に寄付される。

これまで長年にわたり、ナイキとコービー・ブライアントは、世界中のファンを鼓舞するために協力してきた。ブライアントはナイキとともに、ゲームを変えるバスケットボールシューズのレガシーを残し、スポーツへの愛情を世界中に広める機会を受け入れた。ブライアントが亡くなってから2年以上経った今でも、彼の遺産はファンたちの心の中で共鳴し続けている。

via. nikenews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA