【The North Face】人工クモの糸を使用した「ムーンパーカ」が2019年11月に発売予定

ザ・ノース・フェイスから人工蜘蛛の糸「クモノス」を使用した ANTARCTICA PARKA(アンタークティカ・パーカ)「Moon Parka」が年内に登場

GOLDWIN(ゴールドウィン)が展開する人気アウトドアウェアブランド THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)から “クモの糸”繊維を使用した高機能ウエア「Moon Parka(ムーンパーカ)」が、2019年11月に発売予定。

TNFの人気ダウンジャケットモデル ANTARCTICA PARKA(アンタークティカ・パーカ)をベースに、Spiber(スパイバー)株式会社が開発した世界初の合成クモ糸繊維「QMONOS(クモノス)」を表面や刺繍に使用した。

不可能と言われてきたクモの糸の実用化という夢を実現させ、新世代タンパク質素材が持つ無限の可能性、そして人類社会にとっての理想の未来という、ANTARCTICA(アンタークティカ=南極大陸)をも遥かに超える究極の極地「月」を目指すという強い意志と姿勢を込め、この歴史的なプロトタイプに「Moon Parka」と名付けた。

サイエンスとファッションを融合させ、人類最先端のテクノロジーを結集し完成した「究極のアウトドアジャケット」が遂に年内に一般販売を迎える予定。

価格や販売方法は8月下旬に発表予定とのこと。

詳しい発売日や抽選方法など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

同コラボレーションから先駆けて発売予定の構造タンパク質素材を使用したTシャツ PLANETARY EQUILIBRIUM TEE(プラネタリー・エクイリブリアム ティー)も合わせてチェックしておこう。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・抽選ページ・オンラインリンク(随時更新)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。