【Maison Margiela × Reebok】PROJECT 0 Club C TL & Classic Leather Tabi “Tan”が国内6月25日に発売予定

メゾンマルジェラ × リーボック 人気のコラボフットウェア プロジェクト0 クラブC トロンプ・ルイユとクラシックレザー タビに、ベージュカラーの新色が登場。[GX5142,GX5141]

伝説的デザイナー マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)が1988年に設立したパリ発のファッションブランド「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」と、グローバルスポーツブランド「Reebok(リーボック)」によるコラボフットウエア PROJECT 0 Club C TL  & Classic Leather Tabi “Beige”(プロジェクト0 クラブC トロンプルイユ & クラシックレザー タビ “ベージュ”)が、国内2021年6月25日(金)に発売予定。

 販売定価: 35,200円(税込)

メゾン マルジェラのシグネチャーである「タビ」シューズをハイブリッドした革新的一足『Maison Margiela x Reebok Tabi Instapump Fury』の登場から約1年。両者は続々と新作コラボフットウェアを発表。今回登場するのは、人気の2型をベースに待望のベージュ(タン)カラーを纏ったシューズ。

割れたつま先が特徴的な『Project 0 Classic Leather Tabi』では、1983年に初めて発売されたリーボックのシューズモデル「Classic Leather(クラシックレザー)」をベースに、タビシリーズを象徴するスプリットトゥを融合。シュータンにはマルジェラのユニセックスシューズコレクションの証である「22」を示したカレンダータグと、リーボックのベクターロゴが組み合わせて落とし込まれている。また、シューズには足袋型のオリジナルソックスも付属する。

リーボックから1985年に初登場したアイコンシューズ「CLUB C(クラブC)」をベースとした新型コラボモデル『PROJECT 0 Club C TL』では、レザー素材のアッパー随所にメゾン マルジェラのハウステクニックでもある「Trompe L’oeil(トロンプ・ルイユ)」=騙し絵・目の錯覚をコンセプトとしたデザインを落とし込み、エッジ部分の塗りつぶしや縁取った3Dディテールがシューズを立体的な装いに彩る。シュータンにはマルジェラのユニセックスシューズコレクションの証である「22」を示したカレンダータグとリーボックのベクターロゴが配され、ヒールには「Reebok」ロゴと共にマルジェラの代表的ステッチが刺繍された。

両モデルの詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆セール情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

リーボック公式オンライン 6/25 AM10:00〜

阪急メンズオンライン 6/25 AM10:00〜

DSMG E-SHOP

Maison Margiela

SSENSE(Maison Margiela)

mita sneakersオンライン 6/25 0:00〜

NUBIANオンライン 6/25 0:00〜

Maison Margiela × Reebok Project 0 Classic Leather Tabi

カラー: Beige

スタイルコード: GX5141

販売価格: $300 / 35,200円(税込)

発売予定日: 2021年6月25日

Maison Margiela × Reebok PROJECT 0 Club C TL

カラー: Beige

スタイルコード: GX5142

販売価格: $300 / 35,200円(税込)

発売予定日: 2021年6月25日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA