Nikeが手がけた鹿島アントラーズの新ユニフォームが『浦和レッズ』に似すぎだと炎上

ナイキが手がけた鹿島アントラーズの2022シーズンの新ユニフォームにファンが猛反対。

茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ「鹿島アントラーズ」とキットサプライヤーの「Nike(ナイキ)」は、2021年12月20日(月)、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。

ホームユニフォームは、クラブ創設30年を経て、次の10年に向けた「革新と挑戦」、これまで積み上げてきた「歴史と伝統」を表現。チームカラーの基本となるエンブレムからインスピレーションを得て、ディープレッド、グレー、ダークネイビーのカラーコンビネーションを初採用し、デザインにモダンとクラシックさを融合させた。また、ショーツにはクラブ史上初めてとなるグレーを採用。両脇からショーツに繋がるサイドラインにはダークネイビーを用いることで、引き締まった力強さを演出している。

アウェイユニフォームはこれまでタイトル獲得の際に着用している「ビクトリーホワイト」をベースに、チームの歴史と伝統、クラブとともに歩む地域の要素を融合させた幾何学模様をデザインした。模様は、鹿島神宮の重要文化財に指定されている「楼門(ろうもん)」の屋根の構造からインスピレーションを得ており、白と同系色のライトグレーでグラフィックパターンを描くことで奥行きも表現。また、アクセントカラーとしてディープレッドを首回り、袖のリブ、両脇からショーツにかけて繋がるサイドラインに採用している。

上記は浦和レッズの2021ユニフォーム

この新ユニフォーム発表を受け、鹿島ファンは埼玉県さいたま市をホームタウンとするJリーグ所属『浦和レッズ』のユニフォームに似過ぎていると猛反対。

メルカリの取締役President(会長) 兼 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役CEOである小泉文明氏はこの件を受け、Twitterにて『グラフィックが入っていない分明るくは見えますが、過去5年使っているものとベースカラーは全く同じです。また、パンツについてはクラブ創設30年を経た次の一歩として、エンブレムに使用されているグレーを配色しております。』とファン・サポーターに向けて補足した。

なおレプリカユニフォームは現時点では2022年1月より予約販売が開始する予定。

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

鹿島アントラーズ公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA