【Nike SNKRS】CO.JPモデルの頂点を決める総選挙の決勝戦が9月14日より開催。優勝モデルは今後復刻リリース予定

ナイキの日本限定プロジェクト 『CO.JP(コンセプトジャパン)』の人気No.1スニーカーを決定するトーナメント総選挙がSNKRSで開催。

Nike(ナイキ)」が1990年代末期から展開する日本限定企画である『CO.JP(コンセプトジャパン)』。今回、SNKRSにてCO.JP歴代モデルの人気NO.1を決定するトーナメントを開催。ノミネートされるのは、90年代末期から2000年代初頭に日本発信でデザインされ、世界的に話題を呼んだ16足。 

SNKRSユーザーによる投票を勝ち進み、めでたくウィナーとなったモデルは、名作揃いのCO.JPの中でも世界的に名誉ある一足として歴史に名を残すことになるだろう。また、同期間にはトーナメントにノミネートされたモデル以外にもNIKE CO.JPの歴代モデルを一望できるキャンペーン“NIKE CO.JP CAMPAIGN”が東京の各ショップで開催される。

トーナメント優勝モデルは復刻リリース?

先日開催されたレブロンPE「VOTE BACK」トーナメント同様、優勝したモデルは今後SNKRSアプリで復刻リリースされる可能性が高いだろう。以下総選挙出場のCO.JPモデルから、この先手に入れたいと思う一足を厳選し、アプリで投票に参加しよう。

SNKRS CO.JP トーナメント総選挙

SNKRS総選挙ページ

Round.1 8/24 9:00〜8/26 8:59

Round.2 8/31 9:00〜

Round.3 9/7 9:00〜

Round.4 9/14 9:00〜 決勝戦

CO.JP展示ストア

BEAMS原宿 8/18〜8/31

KITH TOKYO 8/24〜8/31

SNS CAFE TOKYO 8/22〜8/31

A+S 8/20〜8/31

UNDEFEATED原宿 8/23〜8/31 入店事前WEB抽選 8月18日(水)10:00 ~ 8月19日(木)23:59まで

atmos千駄ヶ谷 8/19〜8/25

X-girl Store 8/23〜8/31

トーナメント総選挙出場スニーカー一覧

Air Footscape Leather CO.JP (2001)

スタイルコード: 609060-131

伝説のプロジェクト“上野シティアタック”から誕生した、ホワイトのクロコダイルスキンがリッチなエア フットスケープ レザー。

Air Force 1 CO.JP “Sakura” (2005)

スタイルコード: 309360-001

スニーカーカルチャーの聖地「上野」にインスピレーションを得た、レーザーエッチング加工の桜(サクラ)柄が特徴的なエアフォース1。ヒールサイドには桜の花びらと“UENO”の刺繍され、上野限定で500足のみリリースされた一足。

Dunk Low CO.JP “City Attack” (2005)

スタイルコード: 630358-741

CO.JP シティアタックの一足として紺黄のミシガン(Michigan)カラーを反転した通称“裏ダンク”。

Air Force 1 CO.JP atmos (2001)

スタイルコード: 630033-044

アッパーに名作“TERMINATOR(ターミネーター)”カラーを使用したアトモス提案のエアフォース1。

Dunk Low CO.JP Beast Pack(2006)

スタイルコード: 312919-001

レオパード、タイガー、スネークといった3種のアニマル柄アッパーのヒールサイドに「獣」を刺繍したビーストパック。

Air Max 1 B “Storm”(2002)

スタイルコード: 302740-081

エアマックス1に初期ACGを彷彿とさせるカラーを落とし込んだStorm Pack(ストームパック)。

Air Max 90 “Escape/逃” (2002)

スタイルコード: 305209-101

エアマックス90に、ACGから1980年代に展開された「ESCAPE(エスケープ)」シリーズのカラーを落とし込んだ一足。

Dunk Low Un-Tiffany (2006)

スタイルコード: 309431-903

ティファニーブルーを想起させるターコイズカラーと、ブラックのスネークスキンを組み合わせたダンク ロー。ダイヤモンドサプライとのコラボSBダンクを彷彿とさせるカラーリングが当時大きな話題となった。

Elite VNTG NRG (2012)

スタイルコード: 535654-333

経年劣化も忠実に再現したエリート ヴィンテージに鮮やかなグリーン/ライムグリーンカラーを落とし込んだ一足。

Dunk High PRM (2003)

スタイルコード: 305808-771

初めてプレミアムの名を冠し、皮張りのソファをイメージして製作されたダンク ハイ。発売前に藤原ヒロシが雑誌で紹介したことにより、発売後、即完売からプレミア価格となった一足。

Blazer Mid Supreme Perf TZ (2009)

スタイルコード: 358900-001

ブラックカラーの最高級プレミアムレザーで構築したアッパーにパンチング加工のスウッシュロゴが特徴的なブレーザー ミッド サプリーム。

Wmns Air Chukka Moc “Urban Night Pack” (2008)

スタイルコード: 325323-261

夜の繁華街をテーマとした“アーバンナイトパック”のウィメンズ エア チャッカ モック。

Wmns Air Rift CO.JP(2002)

スタイルコード: 609044-042

足袋をイメージしたウィメンズ エア リフトに、渦巻状の和柄をあしらった日本限定に相応しいデザイン。

Lava Dunk “Athletics Far East”(2010)

スタイルコード: 434722-200

80年代に登場したラバドームとダンク ハイのディテールを融合したハイブリッドモデル。1970年代の伝説のクラブ「ATHLETICS WEST」をモチーフにした東洋スタイルオマージュコレクション「ATHLETICS FAR EAST」の限定カラー。

Air Zoom Seismic B (2000)

スタイルコード: 679045-131

1999年に “ナイキ アルファプロジェクト”からリリースされたトレーニングシューズ『エア ズーム サイズミック』の、藤原ヒロシ別注ライン「モノトーンコレクション(Monotone Collection)」の限定カラー。

Air Force 1 PRM (2006)

スタイルコード: 312945-011

2001年にCO.JPで誕生した名作 エア フォース1 COCOA SNAKE(ココアスネーク)のカラーを変更したNike大阪店限定モデル。通称“白黒蛇”とも称される一足。

Nike(ナイキ)の『CO.JP』とは?

90年代末期からスタートしたナイキの日本限定プロジェクト「CO.JP(コンセプトジャパン)」。数量限定で販売されたスニーカーなど、数々の名作が存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA