サザビーズがナイキの超激レアスニーカーを集めたオークションを開催

Sotheby’sがNikeのプレミアスニーカーを集めたスペシャルオークションを開催。通常では手に入らない幻の名作が勢揃い。

18世紀に設立され、インターネット上で世界初の美術品オークションを開催した世界で最も歴史の深い国際競売会社「サザビーズ(Sotheby’s)」が、「Nike(ナイキ)」史上最も稀少といっても過言ではない8足の激レアスニーカーを集めたオークション“Cult Canvas”(カルトキャンバス)を開催。アートやファッション、イラスト、デザイン、スポーツ、カルチャーにまで影響を与えた8足は、どれも市場価格数十万円から数百万円におよぶ名作中の名作。入札には至らずとも、是非一度オークション会場を覗いてみよう。入札期間は現地時間2020年9月30日まで。

Futura × Nike Dunk High Pro SB “FLOM”(フューチュラ ナイキ ダンク ハイ プロ エスビー “フロム”)

 

一足目には、人気グラフィティーアーティストのFUTURA(フューチュラ)が手掛けるブランド「Futura Laboratories FUKUOKA」のオープン記念モデルとして、ごく一部の友人たちに配られた世界24足限定とも称されるF&Fモデル「Futura × Nike Dunk High Pro SB “FLOM”(フューチュラ ナイキ ダンク ハイ プロ エスビー “フロム”)」。アッパーには各国の紙幣のグラフィックが落とし込まれており、ヒールにはシグネチャーである「FL」ロゴが配された。また、モデル名のFLOMは、“For Love of Money,”の略である。

Nike Dunk Low Pro SB “Paris”(ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “パリ”)

 

2足目には、2003年に世界各地で催された『ホワイト・ダンク展』がパリで行われた際に、約200足限定で販売された超限定モデル「Nike Dunk Low Pro SB “Paris”(ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “パリ”)」。フランスの画家「ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet)」が描いた絵画のグラフィックが落とし込まれた幻の一足だ。

Nike Dunk Low Pro SB “What the Dunk”(ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ホワット・ザ・ダンク”)

 

3足目には、NIKEのSBチームが制作したドキュメンタリームービー「Nothing but the truth」のプロモーション用モデルとして300足限定で製作された「Nike Dunk Low Pro SB “What the Dunk”(ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ホワット・ザ・ダンク”)」。歴代の名作ダンクのディテールを左右非対称に落とし込んだ逸品だ。

Staple Design Nike Dunk Low Pro SB “NYC Pigeon”(ステイプル デザイン ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ニューヨークピジョン”)

 

4足目には、2005年にニューヨークにて約150足限定で登場した「Staple Design × Nike Dunk Low Pro SB “NYC Pigeon”(ステイプル デザイン ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ニューヨークピジョン”)」。ヒールに配された鳩の刺繍が象徴的な幻の一足だが、今回出品されたモデルのミッドソールにはステイプル デザインを主宰する Jeff Staple(ジェフ・ステイプル)の直筆サインが施されている。

Piet Parra × Nike Dunk Low SB F&F(パイエットパーラ ダンク ロー エスビー ファミリー&フレンズ)

5足目には、通常販売は行われず、関係者及び友人らに配られたF&Fモデル「Piet Parra × Nike Dunk Low SB F&F(パイエットパーラ ダンク ロー エスビー ファミリー&フレンズ)」。一般販売されたホワイトカラーモデルとは異なるディープグリーンカラーのスエードで構築された一足。

Katsuya Terada × Nike Dunk SB Low(寺田克也 ナイキ ダンク エスビー ロー)

6足目には、イラストレーターで漫画家の“ラクガキング”こと寺田克也が手掛けた非売品のサンプルモデル「Katsuya Terada × Nike Dunk SB Low(カツヤ テラダ ナイキ ダンク エスビー ロー)」。スエード生地とパテントレザーを深紅に染めた寺田作品の通称“テラダンク”と呼ばれる幻の一足だ。

Nike Air Jordan 1 High OG “Bred”(ナイキ エアジョーダン1 ハイ オージー “ブレッド”) 1985

7足目には、1985年にリリースされたエアジョーダン1屈指の人気オリジナルカラー「Nike Air Jordan 1 High OG “Bred”(ナイキ エアジョーダン1 ハイ オージー “ブレッド”)」の1985年リリースのオリジナルモデル。写真を見る限り、ここまで綺麗な状態で保存してある一足は中々出回らないだろう。

Michael Lau × Nike Dunk Low Pro SB “Gardener Wood”(マイケル・ラウ ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ガードナーウッド”)

8足目には、2006年に香港クイーンズロードセントラルにオープンしたNikeの旗艦店
で行なわれた“Gardener Meets Nike(ガーデナー・ミーツ・ナイキ)”のエキシビジョンで極少数ゲリラ販売されたウッド柄の限定モデル「Michael Lau × Nike Dunk Low Pro SB “Gardener Wood”(マイケル・ラウ ナイキ ダンク ロー プロ エスビー “ガードナーウッド”)」。このデザインは、デザインを手掛けた香港出身のトイアーティスト「Michael Lau(マイケル・ラウ)」が使い古したスケートボードにインスパイアされており、木製のスペシャルシューズボックスが付属する。

オークション会場

Sotheby’sオークション会場

開催期間: 日本時間2020年10月1日(木)AM0:30まで

 

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ストリートファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA