防水透湿性素材〈GORE-TEX®〉の開発者「ボブ・ゴア」が死去

防水透湿性素材〈ゴアテックス®︎〉ファブリクスの生みの親「Robert W. “Bob” Gore」が死去

米WLゴア&アソシエイツ社が手がける防水性・透湿性に優れた素材「Gore-Tex®︎(ゴアテックス)」ファブリクスの生みの親「Robert W. “Bob” Gore(ロバートW・ボブ・ゴア)」が、現地時間2020年9月17日に闘病の末亡くなった。83歳だった。

1969年10月28日、創業者のビル・ゴアとヴィーヴ・ゴア夫妻の息子で、W. L. Gore & Associates, Inc.の元社長であり会長も務めた「Robert “Bob” Gore(ロバート・ボブ・ゴア)」が、1969年に安価なPTFEテープの大量注文に対応すべく試行錯誤する中、ePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)を発明することに成功。ePTFEは〈GORE-TEX®︎(ゴアテックス)〉ファブリクスとして知られる防水透湿性素材として商標登録され、ファッションやアウトドアウェアの世界に革命をもたらしただけでなく、医療、航空、さらには音楽業界など非常に多くの業界で重宝されてきた。ボブ・ゴアは長年の闘病によりこの世を去ることとなったが、彼の意思を継ぐ発明家をはじめ、奇跡的な創造物を楽しむ多くの人々の心の中で生き続けるだろう。

Gore-Tex®︎を使用したスニーカーやファッション情報はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA