コービー・ブライアントのレガシーを称えるドキュメンタリー『THE BLACK MAMBA』の噂

ネットフリックスがESPNとタッグを組み、NBAスーパースターKobe Bryantのドキュメンタリー『ザ・ブラック マンバ』を配信?噂で終わる?

190ヵ国以上で2億1,400万世帯以上のメンバーが利用する、エンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービス 通称ネトフリこと『Netflix(ネットフリックス)』は、米スポーツメディア大手の『ESPN』とチームアップし、NBAのスーパースタープレイヤー、コービー・ブライアント(Kobe Bryant)のドキュメンタリーシリーズ『THE BLACK MAMBA(ザ・ブラック マンバ ✳︎仮名)』を海外2022年8月より公開するとの噂が浮上。が、下記のヴィジュアルおよびこの情報は、海外の熱心なファンが独自に制作しでっち上げてしまったものとのことで、現在ドキュメンタリーの公式発表はされていない。

ファンが制作した非公式画像

2020年1月26日(現地時間)、世界最強の毒を持つ毒蛇「ブラックマンバ(Black Mamba)」の愛称で知られる元NBAのレジェンド『コービー・ブライアント(Kobe Bryant)』と、Gigi(ジジ)の愛称で親しまれていた次女のジアナは、ロサンゼルス郊外で起きたヘリコプターの墜落事故により命を落とした。現役時代に『8』と『24』の背番号を背負った偉大すぎる人物のあまりにも早い死、そして悲劇的なニュースは、全世界を悲しみの渦に包み、多くの人々を悲しませる出来事となった。だがその後もファンとNBAプレーヤーたちは、バスケットボールを手にした史上最高の選手の一人に敬意を表し続けているため、コービーの影響力は薄れることを知らない。コービーの生涯と、彼の類い稀なる才能、そして努力、全てにトリビュートを捧げたドキュメンタリー公開は多くのファンから待望視されてきた。

Netflixは2020年4月に、バスケの神様ことマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)のシカゴ・ブルズでのラストシーズンの模様を近距離で収めたドキュメンタリー作品『The Last Dance(邦題『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』)』を配信しており、噂によると、今回の『THE BLACK MAMBA(仮名)』でも過去に前例がない範囲までカメラが入ることを許された映像が収められているとのこと。

デビューから引退まで、ロサンゼルス・レイカーズ一筋のキャリアを送ったコービーは、NBAにおける5度のリーグ制覇、2度のファイナルMVP受賞、9度のオールディフェンシブ・ファーストチーム選出、歴代2位となる1試合81得点(2006年1月22日)、歴代4位の通算33643得点、2度の得点王、シーズンMVP、オリンピックにおける2度の金メダル獲得など輝かしい功績を残した。不慮の事故の有無に関わらず、元々制作が予定されていたという今回のドキュメンタリーでは、ラストシーズンとなった2015-16シーズンのコービーにカメラクルーを密着させ、チームのロッカールーム、トレーニング施設、移動用のバス、練習中の模様などを独占的に撮影。チームメンバーやコーチ陣、監督と切磋琢磨するコービーの姿はもちろん、生涯レイカーズにかけた想い、そして2015-16シーズンの最終戦引退試合ユタ・ジャズ戦で60得点という大記録を残しコートを去ったあとの心境など、涙なしでは見れないであろう内容が詰まっているとの噂である。

現時点ではドキュメンタリー配信の情報はあくまで噂であり詳細は不明。今後更なる続報に期待したい。新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

配信情報

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆Supremeに関する情報・最新リーク情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA