Maison Margiela × Reebok 『Classic Leather Memory Of』&『Club C Memory Of』が国内3月25日に発売

メゾンマルジェラ × リーボック 新型フットウェア『クラシック レザー メモリーオブ』&『クラブC メモリーオブ』が、ブラック、ホワイトの2色展開で登場。[GW4993 / GW5012 / GW5013 / GW5014]

1988年に誕生したパリ発のファッションブランド「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」と、グローバルスポーツブランド「Reebok(リーボック)」による新作コラボフットウエア『Classic Leather Memory Of』&『Club C Memory Of』が、国内2022年3月25日(金)に発売予定。

販売定価: 40,700円(税込)

 

現在Maison Margielaのクリエイティブ・ディレクターを務める John Galliano(ジョン・ガリアーノ)が提起するハウスコード「メモリー オブ」を反映した新型フットウェア2型が登場。服やアクセサリーを解体し、慣れ親しんだ要素の記憶を呼び起こす「メモリー オブ」のテクニックを通して、1983年に初めて発売されたリーボックのアイコンシューズ「Classic Leather(クラシックレザー)」と、1985年初登場の「CLUB C 85(クラブC 85)」を再解釈した。

プレミアムレザーで構築したアッパーにEVAソールとラバーのアウトソールを組み合わせた2型のスニーカーは、いずれもホワイトとブラックの2色が展開。ヒールタブには、アイテムを切断して結合するメゾン マルジェラのハウステクニック「デコルティケ(Décortiqué)」を採用。リーボックの伝統的なデザインであるアッパーのクロスチェックを剥がし、本来内側にあるステッチを留めていたパンチホールやフェルトライナーを露出させたデザインとなっている。

クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノによって進化するハウスコードをもとに、スポーツウェアブランドの最も有名なデザインを通して、フランスのファッションハウスのアイデンティティを表現し、かつての記憶を可視化するかのようなステッチや輪郭で描かれる「メモリー オブ」な新型モデルは、両ブランドのオンラインストア、伊勢丹三越オンラインストア、阪急オンラインンストア、一部セレクトショップにて取り扱う。販売価格はそれぞれ40,700円(税込)。

◆記事の更新通知はTwitterにてチェック

◆当サイトの公式Instagramはコチラ

◆セール情報はコチラ

◆最新スニーカー情報記事はコチラ

◆最新ファッション・アパレル情報はコチラ

販売店舗・オンラインリンク(随時更新)

リーボック公式オンライン 3/25 10:00〜

伊勢丹オンライン 3/25 10:00〜

阪急オンライン 3/25 10:00〜

Maison Margiela

SSENSE(Maison Margiela)

GR8オンライン 3/25 10:00〜

MORTARオンライン 3/25 0:00〜

mita sneakers デジタルドレスコード抽選 3/21 14:00〜3/23 14:00/来店抽選 3/21 12:00〜3/23 18:00

Maison Margiela × Reebok Classic Leather Memory Of

カラー: White

スタイルコード: GW4993

販売価格: 40,700円(税込)

発売予定日: 2022年3月25日

Maison Margiela × Reebok Classic Leather Memory Of

カラー: Black

スタイルコード: GW5014

販売価格: 40,700円(税込)

発売予定日: 2022年3月25日

Maison Margiela × Reebok Club C Memory Of

カラー: White

スタイルコード: GW5012

販売価格: 40,700円(税込)

発売予定日: 2022年3月25日

Maison Margiela × Reebok Club C Memory Of

カラー: Black

スタイルコード: GW5013

販売価格: 40,700円(税込)

発売予定日: 2022年3月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA