米ラッパー Drakeo The Rulerが死亡

アメリカの人気ラッパー ドレイコ・ザ・ルーラーが“Once Upon A Time In LA”で死去。

アメリカ ロサンゼルス出身の人気ラッパー Drakeo the Ruler(ドレイコ・ザ・ルーラー)が、LAで現地時間12月18日に開催されていたた音楽フェス“Once Upon A Time In LA”のステージ裏で何者かに首を刺され病院に緊急搬送。その後現地時間12月19日に死亡が確認された。28歳だった。

カリフォルニアを拠点に活動していたDrakeo the Rulerは、Drake(ドレイク)との楽曲“Talk to me”やOVO × NBA Collectionのモデルなど、現在進行形で勢いに乗る人気ラッパーだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA